×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

福知山城

明智光秀、丹波の拠点の城


1579年、織田信長の命により明智光秀は丹波攻略を行った。
この際光秀は横山城を占領し、福知山と命名して城の改修を行い、
福知山城は光秀の甥、秀満の居城として用いられた。
1669年、朽木稙昌が入封し、以後朽木氏の居城となった。


福知山城天守は明治6年に破却されたが、絵図、指図を本に外観復興された。(古写真が数枚残っているが不鮮明)
光秀時代の天守台の石垣。五輪塔や墓石が多く用いられている。
石落し。
小天守と大天守。
二の丸から天守の脇に移築された、現存の銅門続櫓。
銅門続櫓内部。
豊磐井。深さは50m。
絵図を本に復興された釣鐘門。
福知山観光協会イメージキャラクター、秀光くんとひろこさん。忍タマの作者尼子騒兵衛によるもので、大人になったしんべヱに見える・・・
武士の嘘を武略と言い、
仏の嘘を方便と言う。
土民百姓はかわゆきこと(かわいそう)なり ・・・
            (光秀)


大洲城へ

戻る